FXの取引時間 – 時間帯ごとの市場の特徴を押さえよう!

FXは平日24時間取引可能。

これは、他の金融商品にない大きな特徴です。

個々人の生活のリズムに合わせて、取引するタイミングを自由に選ぶことができるので、大変便利。

しかし、戦略を持たずに好きな時に取引しても、なかなかプラスにはなりません。

時間帯によって市場の値動きの傾向が異なるので、自分のトレード戦略に合わせて時間帯を選ぶことが必要になります。

FXはなぜ24時間取引できるの?

FXが24時間取引できるのは、FXが全世界に広がった巨大な市場であるからです。

FXの主要な市場は、東京を含むアジア、ロンドンに代表される欧州、ニューヨークを中心とした米国の3つ。

これらを軸として各国の市場が集まって、FXという大きな国際市場を形成しています。

あなたがいつ取引をしても、いずれかの市場が活動しています。

その結果、24時間の売買が成立するのです。

FX取引が可能な時間を正確に知っておこう

24時間取引可能と言っても、取引ができない日があります。

買いや売りのポジションを持ったまま市場の休みに入ると、休み明けに大きなマイナスになることがあります。

取引できる日や時間は、正確に把握しておかなければなりません。

FX取引が可能な時間は、毎週月曜朝7時から土曜の朝7時までです。

逆に言えば、毎週末の土曜の朝7時から週明けの月曜朝7時までは、FXの取引はできません。

ただし、米国が夏時間の間は、取引可能な時間が毎週月曜朝6時から土曜の朝6時までとなります。

米国の夏時間は、毎年3月の第2日曜日から11月の第1日曜日までです。

土日以外のお休みは?

平日の祝日も通常どおり取引が可能ですが、例外の期間が2つあります。

その一つがクリスマス。

海外の主要な市場が休みに入るため、FXの取引は15時頃からお休みとなります。

翌日が平日であれば、翌日の朝から取引が再開されます。

もう一つは大晦日・お正月。

特に元旦は世界中の市場がお休みです。

1月2日が平日であれば、やはり朝から取引が再開されます。

正確な取引の終了と再開の時間はFX業者によって異なります。

業者のホームページの告知を確認しましょう。

取引する時間帯によって価格の動きが違う!

24時間取引できるのがFXの特徴ですが、取引する時間帯によって値動きに違いがあります。

この特徴をとらえて取引のタイミングを決めるのが、成功する近道です。

ここでは、時間帯に応じたFXの値動きの特徴について説明します。

6時~8時【オセアニア時間】

この時間帯は、主要3大市場のすべてが止まっています。

主に活動しているのは、オーストラリアやニュージーランドの市場のみで、オセアニア時間と呼ばれます。

そのため、FX市場への参加者が少なく、流通量も少ない傾向にあります。

通常は、あまり値動きのない時間帯です。

8時〜15時 【東京時間】

8時から15時は、日本をはじめとするアジア圏の人々が取引をする時間帯です。

FX市場への参加者が増え、流通量も増加して、本格的なFX取引が始まる時間帯でもあります。

金融機関が外国為替取引をする際の基準レートである仲値が決まるのが、9時55分ですので、10時までの間に活発な値動きを見せますが、10時を過ぎると値動きが比較的落ち着きます。

また、5日、10日などのいわゆるゴトー日には、ドル高円安になる傾向があります。

ゴトー日は多くの企業の決済日にあたるため、ドルの需要が増すことが原因です。

15時〜21時 【欧州時間】

欧州の市場が開く時間帯です。

ユーロやポンドと言った欧州の通貨を中心に、活発な取引が行われます。

特に、17時には欧州最大のロンドン市場が開き、市場への参加者が一気に増えるため、東京時間での値動きの流れがこのタイミングで大きく変わることが多くあります。

21時〜6時 【ニューヨーク時間】

この時間帯は、ニューヨークの市場が活動します。

欧州の市場も引き続き活動しており、流通量も増え、値動きも一日の中で最も活発です。

大手の投資家が最も多く参加しており、トレンドが発生しやすい時間帯です。

しかし、深夜の2時を過ぎると欧州市場が活動を止めるため、値動きが落ち着いてきます。

ですが油断大敵。

深夜に米国の要人が会見を行うと、その内容に引きずられて、価格が乱高下することがよくあります。

重要なイベントの情報には敏感になる必要があります。

スプレッドが広くなりやすい時間帯にご用心!

ここまでFX取引が可能な時間や、時間帯による値動きの特徴について説明しましたが、スプレッドも取引の時間に強く関係します。

スプレッドは、通貨の買値と売値の差です。

スプレッドが広いと、その分取引には不利になりますので、スプレッドが広がる時間帯がいつかを知ることは重要です。

1日の中では、最も参加者が少なく流動性の低いオセアニア時間が、スプレッドが広い傾向にあります。

また、週明け、あるいはクリスマスやお正月の休み明けにも、市場への参加者が少ないためスプレッドが広くなりがちです。

経済指標の発表や、政府要人の会見などの直前直後も、スプレッドが広くなります。

取引のタイミングをいつにするかは、FX取引の戦略を立てる上で重要な要素です。

値動きの特徴だけでなく、スプレッドの広さの傾向も踏まえて、検討することが重要です。