私のFX失敗談 〜慎重さが足りず、新興国通貨で大損〜

日本でFXを始める人の多くは、馴染みのあるドル円を中心に取引を始めると思いますが、いずれ気になってくるのが新興国通貨です。

新興国通貨はリスクもありますが、高いスワップポイントやボラティリティの高さが魅力で、多くの収益を得られることも少なくありません。

新興国通貨に関し、私が初心者のころにやってしまった苦い体験を紹介しますので参考にしてください。

簡単な自己紹介

私は30代の男性で、会社の先輩に薦められてお小遣い稼ぎのためにFXを始めるようになりました。

投資金額は必要に応じて都度20万円ほどを入れ、全体で200万円ほどになっていると思います。

通算では残念ながらまだ赤字です。

さて、我が家では、妊婦の妻もFXにチャレンジしています。

妊娠中、特に後期に入ると外に出かけていっての仕事ができませんし、在宅で取り組めるものはないかということでFXに挑戦しているわけです。

妊娠中は葉酸を積極的に摂取した方が良いらしく、妻は葉酸、私はマカを飲んでいます。でも夫婦二人ともベルタから販売している同じサプリを飲んでいます。

ベルタ葉酸のサプリには結構有名ですよね。私たちが飲んでいるのもベルタものです。結構評判はよいみたいですよ。

ベルタ葉酸マカプラスの口コミ・評判は?

だいぶ話がそれましたが、そういうわけで我が家では夫婦でFXに取り組んでいます。

失敗の具体的内容・損失額

失敗したのは新興国通貨のランド円のロングです。

南アフリカは人口も増えているし、投資を開始した後のチャートの形状から、そろそろ底打ちではないかと思って投資しました。

約3000円ほどの投資額で、毎日7円(月に210円)もスワップポイントがつき、さらに売買益も得られると思うと期待で胸が膨らみました。

しかし、あれよあれよと下げていき、含み損が10万円、20万円と増えていったのでした。

最終的に、含み損が26万円ほどになった頃にトルコリラでフラッシュクラッシュが起こり、そのあおりでランド円も大きく低下。

一気にロスカットで80万円ほどの損失を出してしまったのです。

失敗から学んだこと

私はチャートを見てテクニカル面から上下動を見切ったつもりでいましたが、そんなことはありませんでした。

私が見ていたのはせいぜい数ヶ月分のチャートであり、過去にはもっと違うレートだったのです。

そのため、長い目で見れば底でも何でもなく、もっと慎重に投資すべきだったと反省しています。

新興国通貨は、目先のレートや直近の値動きだけで判断せず、長い目でどのくらいの水準の通貨なのかをちゃんと判断して投資すべきです。

また、私は新興国の事情をよくわからないまま投資を行い、また根拠もなく上がると思ってナンピンを重ねてしまいました。

新興国通貨はリスクが高いからこそ、値動きに何がどのくらい影響しているのかをよく把握して投資することが大切です。

特に各国の独自事情や、地政学リスク、ドルの値動きが円や新興国通貨に与える影響はよく把握しなければなりません。

米ドルやトルコリラなんてランド円には関係ないと思っていたのが私の失敗の原因だったのです。

リスクオン・リスクオフ時の新興国通貨の動きの激しさは、米ドルやユーロなどのメジャー通貨の比ではありません。

現在の状況

この失敗依頼、新興国通貨への投資には慎重になりました。

さまざまな情報源を探すようになり、その情報を継続して追うことで、そこそこ利益が安定するようになっています。

さすがに全勝はできませんが、スワップポイントも含めればメジャー通貨の投資よりも勝てるようになりました。

現在はランド円だけでなく、トルコリラ円やメキシコペソ円にまで投資する新興国通貨を広げています。

これからFXを始める人へのアドバイス

FXをする際の基本は、やはりドル円とユーロドルです。

これらである程度利益を出すことができるようになることはもちろん、これらがどのようなタイミングで動き、そして他の通貨にどのような影響を与えるのかをよく見ておくことが投資する通貨を広げる上で役立つでしょう。

また、新興国通貨をはじめ、新しい通貨に投資をするときは、その場の思いつきでなく、計画的に数ヶ月は注意深く相場を観察してから投資することをおすすめします。

短期的、長期的にチャートの動きを見ることはもちろん、どのような場面でレートが動くのか、また国のファンダメンタルの状況など事前に知っておくべき情報は多いです。

スワップポイントだけで選ぶと大怪我してしまいますので注意しましょう。